ANA株主優待券を購入して旅行できる!金券ショップの活用法!

- ANAの株主優待券をお得に利用してみましょう

ANAの株主優待券をお得に利用してみましょう

ANAの株主優待券をもらっても金券ショップに売る人が中には居ます。
そして、それを株主ではない人が買う事が出来ANAの株主優待券を使う事が出来るのです。
この仕組みを検証してみましょう。
【株主優待券って何でしょうか?】
飛行機を頻繁に利用している会社や個人であれば、株主自身で優待券を使います。
しかし、投資目的で購入している会社であったり、飛行機には乗らない個人などにANAの株主優待券が送られてきたとしても使わないので、ただの紙切れになってしまうのです。
そこで金券ショップなどにANAの株主優待券を買い取ってもらうという方法を取ります。
ANAの株主優待券は一般消費者でも購入する事が出来るので株主優待券は株主本人以外でも利用が認められているのです。
【運賃のピーク時に利用すると更にお得】
ゴールデンウィークや、お盆、年末年始の期間は故郷へ帰る人や、国内旅行で出掛ける人は、多く空港の国内線も国際線も混雑するものです。
この時期は割引運賃の設定が限られる為、普通運賃が通常期よりも非常に高くなってしまい、ピーク期の運賃になるので、諦める人も少なくはありません。
けれどもANAの株主優待券を持っていれば片道あたり1枚で普通運賃の50%割引で利用する事が出来、株主でなくても金券ショップで買えるので、利用する事が可能なのです。
年末年始のピーク期はだいたい12月15日から1月8日あたりになるのですが、ANAの航空チケットを買おうと思えば羽田ー新千歳間で3万円を軽く超えてしまいます。
しかし、ANAの株主優待券を使えば金券ショップで購入した金額とANAのカウンターで半額を支払った合計を足しても約7000から8000円は安い費用で済むという事になります。
こういう事もあり金券ショップでのANAの株主優待券購入は非常に人気があり、常に価格をチェックしている人も多いのです。
【金券ショップを比較しましょう】
航空チケットの株主優待券は様々あります。
ANAの株主優待券だけでなく他の会社も売っているので、比較すると価格の違いが見えてくるでしょう。
また、金券ショップが多くあるエリアなどでも値段設定が違ってきます。
100円も違わない場合もあれば、時期などでも安くなっている場合があるので、見比べるといいと思います。
特に、毎年5月31日が有効期限となるので、その時期に近づけば値段も下がっている可能性が高いです。
しかし、売れ行きも早いので、いいタイミングで見つけて購入するテクニックが必要になるかもしれませんね。

新着情報

◆2014/03/31
ANAの株主優待券をお得に利用してみましょうの情報を更新しました。
◆2014/03/25
エイチ・アイ・エスのプランでハウステンボスへ行く旅の情報を更新しました。
◆2014/03/25
貰える全国百貨店商品券に期限はあるのか?の情報を更新しました。
◆2014/03/25
貰って嬉しいクオカードの種類紹介の情報を更新しました。
◆2014/03/25
HIS旅行券は積立の貯めチャオで!の情報を更新しました。